「Key`token(キートークン)」の最新資料が公開された。

まずは、コチラから、公式「Key'token(キートークン)」サイトを確認し、「ホワイトペーパー」をお読みください。

「KeY’」トークン公式サイト
   ↓↓
https://goo.gl/p2Lg1e


公式サイト




このページでは、最新の

 イーサリアム実装型暗号通貨「KeY’」トークン説明資料

を、掲載し、正しい情報を提供するものである。


以下は、2017/7/25更新の、Ver.10.2 である。 
資料は随時更新されるので、注意されたい。


現在、3次募集中(~9月22日)一口10万円(1Key-0.4円)
クラウドセール(ICO)9月 1Key-0.8~1円予定

また、専用ウォレットが7/21に配布されました。


【重要】

「インターネをを再構築する」「地球規模のコンピューター」そう提唱する「イーサリアム」。
そのイーサリアムの基盤テクノロジーである「ブロックチェーン」、「スマートコントラクト」。
「Key'token」はイーサリアムのプラットフォームで「smartBANK」サービスの研究開発によって、世界の既存の金融サービスに非中央集権、自立分散型で「透明性」「正確な取引」を提供し、
既存の銀行、金融業界をよりオープンで安心できる世界へと構築し、
業界にレボリューションを起こし、世界の金融サービスをスマートにしていきます。

Financial + Technology

フィンテック、Fintechとは、
情報技術(IT)を駆使して金融サービスを生み出したり、
見直したりする動きのことである。

従来から金融業界では情報通信技術を活用されていた中、
2010年代以降、フィンテックとして注目が高まる理由は、
インターネット関連技術等により従来の大手金融機関が独占していた業務を、
個人や新興金融企業が可能になったことにより、
業界秩序並びに社会構造が変化する兆候が語られるからである。

我々はブロックチェーン上のスマートコントラクトの開発技術による
次世代「smartBANK」サービス開発を進め、
「ブロックチェーンスマートコントラクト」
で「金融サービスの再構槳」における、
既存の銀行やクレジッドや融資業などの旧体制をレボリューションして、
誰もが透明性とオープン性を持てるスマートな社会を作っていきます。

<スマートバンクプロジェクト>

開発を進めている次世代銀行サービス「smartBank」では、
Key' tokenをはじめBTCやETHの両替業や預金に加え、 
与信枠付きのクレジットカードを発行する予定です。

従来の行政などの与信ルールににとらわれることなく、
ブロックチェーン上に与信クレジット枠をソーシャルレンディングとして、
プラットフォームを提供。

高い業務利益により手数料が「Key'token」保有者に受益されます。

一般的な銀行の様々な 業務を自立分散してスマートコントラクド化、
エアビーやウーバーの様な直感的なサービスを目指します。



※クリックして拡大

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12

13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27



お申込みは、下記の公式サイトからできるようになりました。
お申込みはコチラ ⇒ https://goo.gl/p2Lg1e


もしくは、コチラから直接、申し込めます。
申込み